建築・設備・土木の優良求人を全国から集めた転職支援サービスです 【更新日:2019年8月25日】

メニュー

大阪証券取引所ビル


船場近代建築巡りシリーズ。

大阪証券取引所 旧市場館。

朝ドラ「あさが来た」で脚光を浴びた、大阪経済の祖・五代友厚が設立した大阪証券取引所は、建物の前に五代自身の銅像が建てられ、今もその重厚な存在感を残しています。

こちらの丸いアーチの建物は、今現在はシンボルとしてのみ残され、隣に建てられた2004年竣工の高層のビルが証券取引所としての役割を担い、他に数多くのテナントも入居しています。

旧館の竣工は1935年。設計は長谷部竹腰建築事務所(の第一号作品)、施工は大林組によるものでした。

RC造、地上6階・地下2階建て。外観は花崗岩張り。列柱が並ぶ新古典主義様式で、非常にハイカラな雰囲気をたたえます。

中に入ると瀟洒な窓から射す日差しが美しい、広々としたエントラスホールがあります。よく待ち合わせにも使われる場所で、証券取引所らしい大きなモニターも設置されています。

何も考えずに前を通っていましたが、こうして改めて、意識をもって訪れてみると、本当に立派で贅沢に建てられた建築物なのだなあと、感心させられることしきりでした。