建築・設備・土木の優良求人を全国から集めた転職支援サービスです 【更新日:2019年8月24日】

メニュー

若手の方の転職


こんにちは。

転職設計事務所の北野です。

 

若手人材の確保に苦戦をしている、新卒者が採用できないなどといったお話を企業様からよく聞くことがあります。

以前にも増して新卒採用が苦戦している中、初任給を引き上げる動きが各企業で急速に広がっているようです。

 

デジタル人材など専門性の高い職種や業種は顕著なようですが、ゼネコン業界も同じく初任給引き上げの連鎖が起きているようです。

実際に、スーパーゼネコン数社は大卒者の初任給を1万円引き上げ、24万円に設定するなど、若手を取り込む動きが広がっています。

一見明るいニュースですが、一方で、中高年の賃金抑制が始まっていると日経に掲載されていました。

「厚労省の賃金統計表をもとにした分析では、1000人以上の企業で働く40~44歳の男性の平均年収は、08年の797万円から18年は726万円に減少。

45~49歳も50万円ほど下がった。一方で18年の25~29歳は08年より17万円、20~24歳も15万円増えている。」

という内容のものでした。

人手不足を背景に、年功型の賃金体系が崩れつつある状況のようですが、

一方で、その若手層自体は入社して、実際何年その会社で働くのだろうかと疑問に思います。

 

同紙の特集の中で、「初任給だけで企業を選ぶわけではないが、いつ辞めるかわからないので、生涯年収よりも初任給や若手の給与が高い方が嬉しい」

という新卒入社者の声が書かれていました。

私も第二新卒の方とお話をした際に、次の転職先では5年くらいは働きたいと思っていますなど答える方がよくおられます。

 

転職することは決して悪いことではないですし、むしろ前向きなことだと思っていますが、個人的には、

いつ辞めるかわからないので、だったり、まだ入ってもいない会社で5年くらいは働きたい。というのはとても寂しい話だと感じでしまいます。

 

私個人としては、何かを実現したい(例えば10年後独立をされたい等)という目的があって、次の転職を考えておられるのであれば

その夢がかなうようなお手伝いをしたいと思っておりますが、出来れば転職先で長く働き続けられるようなマッチングを出来るように尽力したいと思っています。

新卒で入社したものの、その企業とは合わなかったが、次の会社では長く働けるような環境の会社を探したい方などは是非ご相談いただければと思います。