建築・設備・土木の優良求人を全国から集めた転職支援サービスです 【更新日:2019年8月22日】

メニュー

2018年7月18日

鉄骨造の勢いがすごい!


こんにちは。転職設計事務所の佐藤でございます。

 

ここ数年、転職支援とは別の事業(建築積算)で扱う物件において、

鉄骨造(S造)の割合がかなり増えてきています。

 

確かに、街中を歩いていても、目につくのは鉄骨造ばかりです。

 

以前であれば、RC造と鉄骨造の比率が7:3くらいであったのが、

今ではその比率が逆転したというような印象です。

 

RC造が当たり前であった病院や学校に至るまで、

鉄骨で建てられるものが確実に増えてきています。

 

ホテルなどは、グレードにもよりますが、

ほぼすべて鉄骨造になっています。

 

これには様々な理由があるかと思いますが、

一番に、人手不足に伴う労務費高騰が挙げられるかと思います。

 

働き方改革の一環で、現場の休日数を今まで以上に確保せねばならない。

その一方で、発注者には事業計画があるため、簡単に納期は伸ばしてもらえない。

 

こうなると、

「鉄筋と型枠を組んで、コンクリートを打設し、その後養生に時間をかけて…」

というRC造はどうしても敬遠されてしまいます。

 

その点、鉄骨造であれば、建方から棟上げまでの時間が圧倒的に短い。

RCですと、こうはいきません。

 

プレキャストコンクリート(PCa、既成コンクリート)の採用が増えている理由も、

鉄骨と同様かと思われます。

 

今、人材採用の現場においても、

鉄骨造にかかわる事業を手掛けておられる会社さんが元気です。

 

これまでRCしかやってこなかった、

という技術者にも門戸を開いている会社さんが増えています。

 

お気軽にご相談をいただけますと幸いです。